2017年11月24日金曜日

月刊Hanada 1月号

100歳まで元気に コバヤシ鍼灸院

第72回 「痛みが移るのはなぜか」


病気ではない、とは思っていても
痛いところも全く無いし、内臓の働きも完璧だ、
という人はあまりいないのではないだろうか。

身体が健康を保つためには、
疲れが溜まって活動力が低下するのを防ぐのに尽きる。

活動が低下すると温かいはずのところを温められなくなる。
冷えると痛みが出る。

そしてもう一つ、身体の熱がうまくコントロール出来なくなって
必要以上に熱くなるところが出てくる。
炎症という言葉は、その部分に熱が溜まってる状態。
やっぱり痛みが出る。

熱と冷え、正反対の症状に思えるが、
元は両方とも身体が本来の働きが出来ないことが原因。

適度な疲れは、休めば回復出来るけど、
過度な疲労や、回復するための休みが取れないなど、
身体を酷使すると、
ちょっとずつ熱や冷えの症状を出してくる。
すぐ気付くものもあれば、
結構溜まってドカンと症状が出たと思うものもある。
その部分だけ見れば、急に痛くなったと思っても、
全く問題がなくていきなり激しい痛みが出ることはない。

すごく辛くて気になる痛みだけが、
身体の疲れのサインではありませんよ。

2017年10月25日水曜日

月刊Hanada 12月号

100歳まで元気に コバヤシ鍼灸院

第71回 「病気の原因」


病気は千差万別。
「病気」にならずとも、どこか、なんだか調子が悪い
と感じるところも人によって全く違う。
人体という基本装備は同じなのに生命って不思議。
では何が違うんだろう。

まずは体質と言われるもの。
質は両親から受け継ぐもので、
決定してしまっているため、
ある意味なおしようがありません。
なおしようがないけれど、気をつけることはできる。
弱いところに負担がかからないように
生活習慣を考えるのが手っ取り早い解決方法でしょう。

次に実体に加えられた衝撃、つまり打撲や手術などの外傷。
これは意外と厄介なことが。
なぜなら結構覚えてない。
幼少期のものやちょっとした怪我程度は忘れてることが多いのですね。
そして怪我自体は治ってるから、
もう解決済のことと思ってしまう。
ところが未解決でタイムラグを経て
体の調子が悪くなることがある。
こうなると適切な処置が必要となってきます。

体は一つの要素で一つの症状が出るわけではありません。
同じ症状が続く、だんだん酷くなるようだと感じる場合、
質と実の両方から体のことを考えてみましょう。

2017年10月13日金曜日

日本伝統鍼灸学会学術大会(金沢大会)

金曜スタッフの桂田です。

太子堂鍼灸院は明日(14日)を休みとさせていただきます。
なぜかと言いますと、金沢で行われる日本伝統鍼灸学会学術大会に多くのスタッフが参加するからです。
何年も太子堂に足を運んでいる方がご存知かもしれませんが、この学会への参加は毎年恒例です。

実は今年は(今年も?)大師堂鍼灸院スタッフは参加にとどまりません。
今年は木曜担当スタッフの高橋大希と、金曜担当スタッフの桂田が演題に上ります。
1つの鍼灸院から2人以上出るのは珍しいんじゃないでしょうか?
(ちゃんと調べたわけではありませんが……)

休診となると治療を受ける皆様には少なからず迷惑をかけてしまいます。
ただの不便で終わらぬよう、皆様への治療に活きることをたくさん学んできたいと思います。

金曜日担当スタッフ 桂田大輔

2017年9月25日月曜日

月刊Hanada 11月号

100歳まで元気に コバヤシ鍼灸院

第70回「風邪は万病の元」


今までに「風邪をひいたことが無い」という人はいないのではないでしょうか。

「電車の横の人が咳しててさあ」
「家族が風邪ひいてきて」
なにやら自分は伝染された、と納得していることが多くはありませんか。

では車内の風邪の人の横にいたらみんな風邪をひいてるのかしら。
家族間で次々に伝染っている時に、最初にひいた人はほとんどもう伝染らないのではないかしら。

何故でしょう。
理由は簡単、風邪をひいた人はその時、風邪に負ける体調だったということ。
一家で風邪がぐるぐるしている最中に最初の罹患者(持ち込んだ人)が再度かかりにくいのは、
最初に休んで養生しているからなのでは。

「風の邪」というように風は最もというか常に体に触れています。
それに当たるか当たらないかは如何に体を養生しているか、
で変わってきます。
養生と言ってもただ体を休めればよいということではなく、
休むことと動くことを適度に行う必要があります。

風邪をひいた時、体が弱い状態にあったと理解しましょう。

2017年9月21日木曜日

10月休診のお知らせ

日本伝統鍼灸学会(金沢)への参加等のため、以下のように休診となります。
ご確認の上、ご予約をお願い致します。

 太子堂休診日
・10月14日(土)


 院長休診日
・10月30日(月)
・10月31日(火)

2017年8月25日金曜日

月刊Hanada 10月号


100歳まで元気に コバヤシ鍼灸院

第69回 「鍼灸治療と“気”」

もしかしたら、大昔は「物」特に人体の背後には「気」が存在するのは当たり前として生活していたのではなかろうか、と思われるほど「気」が入っている単語や表現が沢山あります。

現在では、単語や表現が独立してしまってわかりにくくなってしまったけど、「気」は特別なものではなく実は世に溢れかえっていて、もしくは世の中は「気」で満たされているのだとしたら?

鍼灸師は鍼・灸という手段を使って、「気」の塊である人体を操作しているわけですね。
治療することは、「気」を本来の状態に整えることで、病むとは「気」が本来の状態ではないということ。

痛いところに鍼や灸をしていないのに痛みが取れたり、内臓の不調が治ってきたりするのは、つまりそういうことなのです。

2017年8月4日金曜日

9月休診のお知らせ

下記のとおり、院長休診となります。
当院は通常どおり、診療を行っておりますので、
ご確認の上、ご予約をお願いします。

・9月29日(金)